ペンライトの様々な情報を掲載しています。

みんなで振るペンライト

使い捨てペンライトを長持ちさせるには?

使い捨てペンライトを長持ちさせるには? ペンライトはLEDタイプが主流になり、一昔前のペンライトとは比べ物にならないほど明るくなっています。身近にあると非常に便利ですが、長持ちさせる為にはポイントがあります。
ここではペンライトを長持ちさせる為のポイントを紹介します。
1つ目のポイントは未使用時の保管方法です。使用後は必ず電池を抜いた状態で保管しておく事が重要です。長時間電池を入れっ放しにしておくと、電池内の液がペンライト内部に漏れてしまい、固着してしまいますので使い物にならなくなります。
2つ目のポイントは電池接合部端子の清掃です。ライトが点く機構は簡単で豆電球の直列回路と同じです。電池挿入時にライト内部の先端接合端子部分が汚れてきますと電池との接触不良が発生します。
何度か電池を入れなおすと点灯するような場合などに最も考えられる原因です。
端子部の接触不良が原因で点灯不具合が起こっている場合でしたら、ツマヨウジや麺棒などの先を湿らして端子部を清掃すれば復旧するケースは多いです。
目視で黒く汚れているようでしたら清掃する事をおすすめします。

使い捨てペンライトは一度使ったらもう光らない?

ペンライトに用いられている高輝度な塗料は、制限時間が設けられているものが多く、発光できる期間はコンサート一回分に相当します。
よって使い捨てという内容がペンライトのイメージとなり、値段も幅広い金額となっています。
発光時間を少しでも長くするためには、明るさを調節することができるタイプを選ぶことが重要なのです。
一度で終わることになれば、回収する必要性が高くなっていき、結果として出費が増えるという内容も出てきます。
参加するライブやコンサートの雰囲気に合わせてペンライトを使用すれば、特別な時間を過ごすことが可能となるのです。
一度使用したものを光らせるには、専用の薬品を流し込む作業が必要になってきます。この技術は素人が実行することは難しく、大半は新しいものへ取りかえる方がコスト的にも安泰となるわけです。
アイドルグッズとして販売されているペンライトに関しては、終了後も部屋に飾っておくことができるため、インテリアとして楽しめる要素が含まれます。

Copyright © 2016 みんなで振るペンライト All Rights Reserved.