ペンライトの様々な情報を掲載しています。

みんなで振るペンライト

ペンライトは何時間程光が持続する?

ペンライトは何時間程光が持続する? ライブやコンサートをはじめお祭りなどのイベントにも大活躍なのがペンライトです。
人によっては仕事用に使っている方もいます。
医療技術者や技術やなどの職業の人です。
一般的には細長いペン状のライトの総称です。
電池式と化学反応式の使い捨ての二つがあります。
ペンライトの持続時間は、ご使用の状況やご使用の頻度によって違いがみられるものの、電池式の場合には、平均して6時間から8時間程度です。
発光しているカラーにもよりますが、暗くなっていると感じたら電池交換するのが目安です。
また、複数の色が発色できるペンライトをお持ちの場合には、発光色のバランスにムラが出てきたときも交換時期となります。
一方、化学式反応の使い捨てタイプの場合の持続時間は、数時間から半日程度です。
化学式反応タイプの方がカラーバリエーションにも優れており、価格も安いのでたくさん持つこともできます。
そのため、コンサートやライブなどで目立ちたい人にはお勧めなペンライトです。

ペンライトは非常時にも役立ちます!

ペンライトはアイドルや声優などのライブで、周りと一体になることができたり、自身の気持ちを高揚させ、盛り上げてくれるアイテムです。
スイッチを入れるだけで、単色や色とりどりの光が灯るので、見ていてもとても綺麗なものです。
でもライブが終わったら、ペンライトはもう使う機会がなくて、引き出しに入れっぱなし、という人も多いかもしれません。
ですが、ペンライトには停電などの非常時に、緊急のライトとして使うことができるという便利な使い方もあります。
ライブでは、ケミカルライトと呼ばれるペンライトが使用されていることが多く、現在は乾電池やボタン電池が使われているタイプのものと、手でポキッと二つに折ることができるタイプのものとがあります。
非常用としては、手で折ることのでき、簡単に使えるタイプのものがおすすめです。
また、電池なしで使用できるケミカルライトは、とても便利なので、防災用としておおいに役立ってくれるでしょう。

Copyright © 2016 みんなで振るペンライト All Rights Reserved.